제목   |  [5/26] 「AIに仕事を奪われると思う」働く人の77% 年代別の特徴は? 작성일   |  2023-05-22 조회수   |  15717

 

 

 

 

 

「AIに仕事を奪われると思う」

働く人の77% 年代別の特徴は?

 

 

 

 

「ChatGPT」をはじめとする対話型AIの登場で、一部では「AIに人間の仕事を奪われるのでは?」との不安の声もあるが、実際はどうなのだろうか。「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区)が実施したAIチャットボットに関する意識調査では、76.9%が「AIに仕事を奪われると思う」と回答していることが分かった。

 

 

 

 

76.9%の内訳は、「とても思う」が15.5%、「思う」が26.7%、「どちらかといえば思う」が34.7%。年代別で見ると、”思う派”の最多回答は20代の81.7%で、次いで30代が74.6%、40代が72.9%、50代が66.7%だった。  回答者からは「うまく使えば効率化できる」「人間の仕事自体は奪わないと思うが、人間の仕事をより効率的に簡単にしてくれそう」「より生産性の高い仕事へシフトチェンジできるチャンス」など、AIの進化をポジティブに捉えているコメントがあった一方、「情報の信頼性に不安があるため、今のところ仕事で使えるレベルではない」「いつのまにか自分の個人情報を抜き取られそうで少し怖い」「情報漏えいが心配でまだ使えていない」など、ネガティブな意見もあった。

 

 

 

 

AIチャットを仕事に使ってる?

 

 AIチャットの使用経験がある人に業務での使用有無を聞くと、31.1%が「仕事での使用経験あり」と回答し、「仕事での使用経験なし」は68.9%だった。職種別で最も多いのは「SE・エンジニア」で98.0%。次いで「企画・管理」が48.1%、「マーケティング」が46.2%、「クリエイター」が35.3%、「営業」が30.9%と続いている。  今後仕事でAIチャットを使用したいかを聞くと、「とても積極的に使う」26.3%、「積極的に使う」29.4%、「どちらかといえば積極的に使う」30.8%を合算した86.5%が「積極的に使う」と回答。残りの13.5%は仕事での使用に消極的だった。  AIチャットで業務を効率化できるかについては、「とても効率化する」24.2%、「効率化する」39.7%、「どちらかといえば効率化する」27.2%を合算した91.1%が「効率化する」と回答した。  調査は5月2~3日、インターネット上で実施。全国20~50代のビジネスパーソン956人が回答した。

 

 

 

 

リンク:https://news.yahoo.co.jp/articles/a452213c6420e48d30125a6a2a8f8fe78e4887de

인쇄하기