제목   |  [05/30] 6~8月の気温 平年より高い見込み 十分な熱中症対策を 気象庁 작성일   |  2024-05-24 조회수   |  22433

6~8月の気温 平年より高い見込み 十分な熱中症対策を 気象庁

 

2024年5月21日 19時31分 

気象庁は21日、この夏の長期予報を発表し、6月から8月にかけての3か月は暖かく湿った空気が流れ込みやすく、全国的に気温が平年より高くなる見込みです。
21日に梅雨入りした沖縄・奄美や西日本では、降水量が平年並みか多くなる見込みで、気象庁は「熱中症対策を行い、大雨に備えてほしい」と呼びかけています。

 

気温は全国的に高い傾向

 

 

はじめに気温です。
エルニーニョ現象が終息に向かっているため、日本の南にある太平洋高気圧の張り出しが強まり、その縁を回って暖かく湿った空気が流れ込みやすくなると見込まれ、3か月間の平均気温は全国的に「高い」と予想されています。

月別に見ますと、
▽6月と7月は
 北日本で「平年並みか高い」、
 東日本、西日本、沖縄・奄美では「高い」と見込まれ、
▽8月は北日本から沖縄・奄美にかけていずれも「高い」と予想されています。

 

降水量 西日本と沖縄・奄美では “平年並みか多い”

 

 

次に、3か月間の降水量は、
▽北日本と東日本で「ほぼ平年並み」、
▽西日本と沖縄・奄美で「平年並みか多い」と予想されています。

このうち、
▽6月はきょう21日に梅雨入りが発表された沖縄・奄美と西日本太平洋側で、
▽7月は西日本と東日本太平洋側でいずれも「平年並みか多い」見込みです。

6月、7月ともにそのほかの地域では、「ほぼ平年並み」と予想されています。

▽8月は全国的に「ほぼ平年並み」の雨量が予想されています。

 

8月はラニーニャ現象発生なら 非常に暑くなるおそれ

 

 

一方、今後、南米・ペルー沖の赤道付近で海面水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」が発生した場合、特に8月は非常に暑くなるおそれがあるとしています。

 

熱中症対策と大雨の備えを十分に” 気象庁

 

 

気象庁異常気象情報センターの田中昌太郎所長は、「この夏、ラニーニャ現象が発生するかは五分五分で、熱帯の状況によって暑さの程度が変わってくる。今の時点では、この夏は高温多雨の傾向を見込んでいるため、十分な熱中症対策と大雨への備えをしてほしい」と話しています。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240521/k10014456161000.html

인쇄하기